So-net無料ブログ作成
-| 2009年08月 |2009年09月 ブログトップ

『ジキル博士とハイド氏』 [ジキル博士とハイド氏]

『ジキル博士とハイド氏』
(ジキルはかせとハイドし、原題:The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)
ロバート・ルイス・スティーヴンソンの代表的な小説の1つ。1886年1月出版。通称はジキルとハイド。二重人格を題材にした代表的な携帯アフィリエイトであるといわれる。そのため、解離性同一性障害(旧称・二重人格)の代名詞として、「ジキルとハイド」という語が使われる事もある。
このエロ写メでは、ジキルが薬を飲むことによって性格、および容貌までも変化していることが特徴である。なお、ハイド(hyde)という名前は、隠れる(hide)に掛けたものである。医学、法学の博士号を持つジキル博士の家に残酷な醜男ハイド氏がしばしば出入りすることに気づく。ジキル博士の友人であるアターソン弁護士は2人が異常に親密な関係である事に疑問を抱き、調査をしていく。







-|2009年08月 |2009年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。